活動の紹介

姫路ジャコウアゲハ倶楽部では、姫路市蝶のジャコウアゲハを通して、姫路市を魅力溢れる街にするためにジャコウアゲハの観察と保護、研究、そして青小幼年の教育や人材の育成など様々な活動を行っております。

 

私たちの活動と取り組み

観察

 ジャコウアゲハの幼虫の食草ウマノスズクサの増殖に取り組み、自治体や事業所・団体の協力のもとにその自生地を保護してジャコウアゲハが生息できる環境を整備します。
 また、ジャコウアゲハの生態や観察、幼虫の食草などを育成することで得られた研究内容を持ち寄って編集をすることで、姫路市の文化の発展に寄与できるように後世に伝えます。

ジャコウアゲハ教室の開催

<取り組みの目的>
次代の担い手である子ども達に理科教育・教材としてジャコウアゲハの事業の展開やジャコウアゲハ教室を開催して、郷土愛に繋がる人材を育てる場を提供します。
<活動内容>
姫路市内の小学校の子どもたちにジャコウアゲハに触れ合う機会をつくるために専門の講師を招いて「ジャコウアゲハ教室」を開いています。将来にはこの子どもたちの中からジャコウアゲハ博士が誕生するかも知れません。

活動記録

JR姫路駅ジャコウアゲハ作戦

JR姫路駅でジャコウアゲハが皆さまをお迎えできるようにサナギを取り付けました。
吸蜜する花は手柄山温室植物園が、卵を産むウマノスズクサは倶楽部で管理しています。034 - コピー (640x640)

026 - コピー (640x640)

幼虫のお引越し

農園はウマノスズクサの苗を育てることが目的なのでここで生まれた幼虫はひとまず別荘に引っ越しをします。020 (640x639)023 (640x640)

柳花笠が咲き始めました。

ウマノスズクサ育成農園に植えているジャコウアゲハが吸蜜する柳花笠が咲き始めました。
これで羽化しても大丈夫です。また写真撮影もできるでしょう。005 (640x640)004 (640x640)

支柱を取り換えました。

JR姫路駅前に植えたウマノスズクサの支柱を新しく取り換えました。
取り換えていると幼虫を数匹確認、ここではウマノスズクサを育てることを第一に考えて幼虫は農園に連れて帰りました。003 (640x640)007 (640x639)011 (640x640)

パタパタ蝶を作りました。

9 (639x640)本日イオンモール姫路大津さんでパタパタ蝶つくりに参加していただいたお友だちの皆さんありがとうございました、皆さんの一生懸命な姿に大きな勇気をいただきました。
これからもよろしくお願いいたします。2 (640x640)3 (480x480)4 (480x480)5 (480x480)6 (480x480)7 (480x480)8 (640x640)

< 1 2 3 4 5 >