展覧会

スケッチ・写真展が朝日新聞に掲載されました。

ジャコウアゲハのスケッチ・写真展を朝日新聞に掲載していただきました。ありがとうございます。

以下記事全部

「ジャコウアゲハの魅力撮って描いて紹介」~姫路でスケッチ・写真展~

鮮やかな黒い羽根を持つチョウ、ジャコウアゲハの魅力を伝える「スケッチ・写真展」が12日、姫路市夢前町置本のヤマサ蒲鉾夢鮮館2階ギャラリーで始まった。20日まで、110点余りの作品が展示されている。

ジャコウアゲハは姫路市の蝶に指定されている。出品者の一人、姫路市の小学3年生吉川響葵さんは昆虫好きでジャコウアゲハを見て、姫路城をバックに舞う光景を思い浮かべたという。弟で小学1年生の冬馬さんと一緒に作品を仕上げた。

保護活動に取り組み、展示作品を募集した「ジャコウアゲハが飛び交う街 姫路連絡協議会」の尾上劉次事務局長は「飼育、観察活動が保育園にも広がっている」と話している。

 朝日新聞1224

ジャコウアゲハのスケッチ・写真展のご案内

姫路市蝶ジャコウアゲハのスケッチ・写真展のご案内です。

会場:ヤマサ蒲鉾 夢鮮館 2階ギャラリー
姫路市夢前町置本327-16 Tel 079-335-4800
会期:12月12日(土)~ 20日(日)
9:00~17:00(最終日は15:00まで)
主催:ジャコウアゲハが飛び交う街姫路 連絡協議会
後援:姫路市・姫路市教育委員会
協賛:ヤマサ蒲鉾株式会社・姫路白鷺ライオンズクラブ

皆さまのご来場をお待ちしています。

スケッチ写真展

 

1